塩梅

 かつてない感染者数の増大のもと、またもや緊急事態宣言下に突入している兵庫県

が、諸々の制限もかつてなく厳しい・・というわけではないのが不思議なところ。

 

 

 会社の方はお上から通達が来ているのか、出張の停止や在宅勤務推進の再通達が出ており少し意識は高い。

 が、「まぁでも業務は優先ね」みたいな思惑も見え隠れはするし、かたや生活の観点では下記の様にさらなる「緩さ」を感じる。

  ・通っているNHKの文化講座は、今までは緊急事態宣言が出たら即長期休講だったのだが、

   今回は「厳重に対策して継続します」。

  ・デパート等は営業停止まではしておらず、時短程度。

 

 

 結果として 電車の混み具合や人通りの減少はそれほど感じず、明確なガイドラインが敷かれている外食産業以外は「政府が言うからちょっとやってますよ」感がハンパない。

 

 この空気感を醸成している原因の一つとして、オリンピックやパラリンピック、甲子園の開催はやはりあると思う。

 

 「オリンピック自体はコントロールされているから、感染者数は増加させない」という理屈はわかるのだが、本質はスポーツ大会だ。 「コロナを抑制しつつ社会を最低限に運営するため」という切り口で見ればあきらかに「不要不急」だろう。

 切り口を変えて、「頑張ったスポーツ選手のため」「国民に勇気と生きるエネルギーを与えるため」には「要・急だった」という判断もありうる。が、その観点なら個人レベルでは「自分の息子が頑張った運動会」や「大好きな趣味に関すること」「生活がかかっている会社や店舗の運営」の方がより大事、というのは自然な判断だ。

 それに、日本人は理屈じゃ無くて空気感で判断する面も強い。個々の行動を自粛方向に誘導したいなら「お通夜の様な空気」を醸成する必要がある。 文字通り志村けんのお通夜だった昨年4月頃は、世の中の空気と行動はまさに末世であり戒厳令だった。

 

 元来、日本国民はいつ噴火するか分からない富士山の横に首都を構えて平然と暮らしている程だ。安心安全と騒ぐ様で、馴れてしまえば性根は図太い。 常に燃料をくべていないと緊迫感とそれに頼った自粛は長続きしない。

 その中でスポーツ大会という「お祭り」の敢行は、コロナ対策という面ではいかにも悪手だったなぁと個人的には思う。

流行りの病(対策編)

 お盆休みの最終日、8月15日。

 ふと調べてみたら予約できたので、ノエビアで大規模接種を受けてきました。(モデルナの1回目)

 

 2回目の副反応が有名なので、1回目はあまり身構えてはいなかったのですが、次の日結構だるいし眠いです。 頭も痛いし。

 

 こりゃ2回目が思いやられるなぁ・・・。

転職2ヶ月

 ぼちぼち仕事にも慣れてきた訳だが、さすが日本企業、まだ負荷100%はかけられていない。どこぞのブラックは、転職2日目だろうがフルペースで仕事を投げ込まれるが、えらい違いだ。

 もちろん古い日本企業らしい悪い体質も予想通り色々あるのだが、まぁ僕も大人ですしそんなもんだろうという言う感じ。

 むしろ3D CADを思うさまいじることが出来、大変に楽しい。自分は本当に設計が好きだったのだなぁとしみじみと思う。

 まぁ、これから仕事の幅も増えてくるだろうしどうなるかは分かりませんが、今のところは転職してよかったっす。

いのちだいじに

通勤用のポルシェ号、結構気に入っている。

さすが軽量は正義、車の挙動が面白い。MTやし。

 

 だが、先日の雨の日、下り坂でタイヤがロックし非常に怖い思いをした。ポンピングブレーキなんか何年ぶりにしたかわからない。

 そんなに強く踏んだかなぁと思い、別の場所(軽くぬれた平地)で試しにブレーキを強めに踏んでみたら、ほとんど制動力が立ち上がっていないのに超簡単にロックした。 やばい、このタイヤはやばい。前の会社の社用車のキャラバンなみのウェット性能だ。

 購入したとき、タイヤの山がけっこう有ったのでラッキーと思っていたが、幅135&2018年製造&燃費を稼ぐためにコンパウンドの固いエコタイヤ(横浜)という3重苦の効果はかなり凄い模様。 ドライは結構グリップするから完全油断した。

 

 「タイヤはケチってはいかん」という家訓により、すぐにイエローハットブリジストンに交換。しかも幅155に変更。

 

 結果、なぜか乗り心地まで良くなり(扁平率も80から60にしてるのに)かなりグリップ感も出ました。

 しかしホイール付きで4本5万円なんだから軽ってすごい。車本体より高いけどな。

機種決定

整備やさんから「車ええのあったから買った。見に来い。」との連絡。

見に行くとありました! ボクスターが!

 

f:id:ikurou:20210515141236j:plain

「5速ミッションや、これは熱いぞ。お前にはこれぐらいでええ。」とのことでした。

へー。

正直300万円弱は覚悟していたのですが、3万円ですみました。

走行距離10万キロ超えるとポルシェもやすいもんだなぁ・・。

 

 

・・・家長の権限で、家庭内ではこの車をポルシェと呼ぶことにしました。

 

 

 

長めのおつとめ

突然ですが、本日で今の会社を退社しました。

15年と6ヶ月。 有期刑なら上限ですね。 長い懲役でした。

 

 思いかえせば色々とグレーな会社でした。

 転職初日の人事のガイダンスで「あ、お聞きとは思いますが、うち有休取れないんで」と言われ、度肝を抜かれたのは鮮やかに憶えています。

 「いや聞いてませんけど」と反撃するも「あ、そうですか。そうなってるんですよ。それでですね(次の話)」と軽やかにスルーされたのも今となっては良い思い出です。死ねやあのクソ人事。

 

 で、有休と言えば。

 今回、課長に辞意を表明したときに「最後に溜まりに溜まった有休を消化したいんですけど」と持ちかけたら

 「そんなん社会人としてありえへん!! うちの会社にそんな制度無い! 到底みとめられへん!!」と断固拒否されました。

 てめーに無くても日本にはあるわボケ! と思いましたが、まぁ買い取ってもらえるので引き下がりました。 お金大事。

 

 

 最初から最後までグレーやったっちゅう話です。

 

 また、最終日と言うことで各部署を挨拶行脚したのですが、いろんな方が「あなたが設計から抜けたんで困っている。今の部署に行ったのは本当に惜しかった」と言って下さり非常に気持ちよくなりました。

 ほんとねぇ。設計できてたら辞めてなかったんだけどなぁ。

 

 また、当然退職理由の話にもなりますが「仕事がキツすぎて最近調子が悪くて・・」という話をしたら、驚いたのが何人も「実は俺も最近寝られなくて・・寝てても目が覚めちゃったり脂汗でたりして・・」と告白してくれたこと。

 

 大丈夫かよこの会社。 まぁ大丈夫じゃ無いから辞めるんだけどもな。

 人間、何が幸せかっちう話ですわ。