機種決定

整備やさんから「車ええのあったから買った。見に来い。」との連絡。

見に行くとありました! ボクスターが!

 

f:id:ikurou:20210515141236j:plain

「5速ミッションや、これは熱いぞ。お前にはこれぐらいでええ。」とのことでした。

へー。

正直300万円弱は覚悟していたのですが、3万円ですみました。

走行距離10万キロ超えるとポルシェもやすいもんだなぁ・・。

 

 

・・・家長の権限で、家庭内ではこの車をポルシェと呼ぶことにしました。

 

 

 

長めのおつとめ

突然ですが、本日で今の会社を退社しました。

15年と6ヶ月。 有期刑なら上限ですね。 長い懲役でした。

 

 思いかえせば色々とグレーな会社でした。

 転職初日の人事のガイダンスで「あ、お聞きとは思いますが、うち有休取れないんで」と言われ、度肝を抜かれたのは鮮やかに憶えています。

 「いや聞いてませんけど」と反撃するも「あ、そうですか。そうなってるんですよ。それでですね(次の話)」と軽やかにスルーされたのも今となっては良い思い出です。死ねやあのクソ人事。

 

 で、有休と言えば。

 今回、課長に辞意を表明したときに「最後に溜まりに溜まった有休を消化したいんですけど」と持ちかけたら

 「そんなん社会人としてありえへん!! うちの会社にそんな制度無い! 到底みとめられへん!!」と断固拒否されました。

 てめーに無くても日本にはあるわボケ! と思いましたが、まぁ買い取ってもらえるので引き下がりました。 お金大事。

 

 

 最初から最後までグレーやったっちゅう話です。

 

 また、最終日と言うことで各部署を挨拶行脚したのですが、いろんな方が「あなたが設計から抜けたんで困っている。今の部署に行ったのは本当に惜しかった」と言って下さり非常に気持ちよくなりました。

 ほんとねぇ。設計できてたら辞めてなかったんだけどなぁ。

 

 また、当然退職理由の話にもなりますが「仕事がキツすぎて最近調子が悪くて・・」という話をしたら、驚いたのが何人も「実は俺も最近寝られなくて・・寝てても目が覚めちゃったり脂汗でたりして・・」と告白してくれたこと。

 

 大丈夫かよこの会社。 まぁ大丈夫じゃ無いから辞めるんだけどもな。

 人間、何が幸せかっちう話ですわ。

初夏の怪談

母に聞いた、本当にあった怖い話。

 

 私の母は紀伊半島の南の方(それも東側)の出身なのだが、そのあたりは有り体に言ってド田舎だ。 太平洋ベルトの情報・物流の流れから隔絶されて、古い文化が保存された集落が点在していることで知られる。

 そのうちの一つ、海から少し内陸に入ったところの村の話なのだが。

 そこでは風土病というか、濃縮された遺伝子のせいと思われるのだが、村の男性が長じると例外なく体が不自由になるという。 具体的には、髪の毛が尋常では無く減ってしまうという。もう、「ちょっと歳がいった男性はみんな頭が肌色」というむごたらしい有様らしい。

 若い頃はフサでも、20代後半からキてしまい、40代ともなれば焦土と化してしまうので、近隣の集落からは「散髪屋いらずの村」として恐れられている程だ。

 

 何とも陰惨な話だが、きっと村の先祖が白蛇か旅の高僧でも殺してしまい末代まで呪われたんじゃ無いかと思う。

 

 で、何か怖いかというと、うちの母親がその村出身ということです。これは恐ろしい。

 

 でも「実は超能力者を集めた隠れ里の出身で、危機になると能力が発現する」設定みたいで中2的には少しカッコイイかもしれない。

 

 

 

日記的記述

 長い間使い続けてきた家のiPadが、だいぶポンコツになってきた。

 iOSは無論最新の物には更新されないし、なにより動作が遅い。

 彼の主な仕事はブラウジングとアマゾン試聴なのだが、そのいずれももっさりしており、後者に至っては「読み込み状態が長時間続く」という症状に至っている。

 「古いiPadが遅くなったときには~」的な対策も行ってみたが改善しない。外観はまだキレイなので捨てるのは惜しいと使い続けてきたがさすがに色々支障がある。

 型番を調べると2012年の第4世代モデルであり、さすがに寿命だなぁと納得したので、ようやく新しいiPadの購入を決断。

 今は半導体入手難で超品薄らしく、色は選択の余地は無かったがなんとか無印iPadヨドバシで購入できた。

 

 結果、当たり前だがサクサクに動く。 ええわ。

次期支援戦闘機

 車を探している。 自分専用の2台目を。

 以前から、「2台目はマツダのロードスタ(現行型のND)やろ」と決めていた。

 デザインも好きだし、原点回帰で軽量化というのも渋い。もちろんオープンも大事。

 

 さっそく中古車を検索してみたが・・高い! なんだこれは。

 比較的高年式で走行距離が短い物は、平気で250万円を越えてくる。これなら新車を少し値引きして買ったらそんなに差が無いじゃん・・・。

 ていうかこの額だすならボクスターの中古が買えてしまう。ボクスター良いよねあこがれるよね・・。でも屋外駐車になるから不用心かなぁ・・。MT(これははずせない)だとタマが少ないし・・。

 

 とか考えていたが、まずは大本命のロードスターをレンタカーで一日借りて乗ってみた。 大枚はたいて買った後に「なんか違う」てなったらイヤだし。

 感想。オープンは良い。運転もわりと楽しい。が、一日のったらそれなりに満足してしまった。六甲山も走ってみたが、初代はもうちょっと軽快な(剣呑な)楽しい動きをしていた様な気がするんだけどなぁ・・。思い出補正かしら。まぁ歳でしょうな。

 エンジン音もマツダ開発陣は「こだわりました」とはいっている物の、普通。まぁこれは初代も普通だった。

 

 うーん、こうなるといよいよ悩む。150万円ぐらいならさくっと買っちゃったんだろうけども。

 

 それ以来、なんか他に楽しい(そしてそこそこの値段の)車ないかしら、と思い色々検索する日々が続いた。スイフト・・・当たり前すぎる・・案外BMWの1シリーズ・・うーんMTはそこそこ高い・・。

 もうそこまで理想求めないなら軽で良いんだよなぁ維持費安いし・・カプチーノとか・・げ、まともなのはめっちゃ高い・・。アルトワークスヴィヴィオも高い・・。

 うーん、じゃぁスポーツカーじゃなくてもMTで走りがそれなりに楽しかったら良いかなぁ・・。うーん。

 とか思考の泥沼にはまってしまい、気づいたらプロボックスのMTを探していた。これはいかん、なんだか見失っていやしないか。 「ポルシェかプロボックスか」という車選びは正気では無い。

 というわけで、ここはプロ(知り合いの自動車の整備屋さん)に電話しよう。餅は餅屋というし。

「兄よ。」

「なんや珍しい。」

「2台目にロードスターを探しているのだが、中古も新車も高い。ボクスターが買えてしまう」

「おう、高いな。」

「というわけで、MTでギンギンでそこそこの値段のスポーツカーが欲しいので良いのあったらよろしく。 ボクスターの良いのがあったらそれでも」

「わかった」

 

 

 これでMTでギンギンのスポーツカー(たぶんポルシェ)が入手できるはず。 プロに任せておけば間違いない。

久闊を叙する

 ひょんな事から昨日、母校(高校)に同期が集まることになった。

 急な招集にもかかわらず20~30人ほどが参じていた。

 

 同期の一人のタテベくん(仮名)が、会うなり

 「おまえ、まだおったんか!! 俺はお前のこと全っ然信用してへんからなぁ!」

 と、教室の前にいた電動黒板消しクリーナー(緑色の装置)に絡んでいた。

 

  確かにうるさいだけで叩いた方が良く取れるよね、それ。

効かないスイッチ

 会社にて。

 健康保険組合から「ストレスチェックのお知らせ」というメールが来た。

 社員のメンタルをケアするために、外部機関と提携して始めた試みらしい。

 気になる人には産業医がどうのこうの、みたいな記載もある。ふーん。

 

 ふだんこういうのは真面目にやらず無難にすませるのだが、ふと「正直に答えたらどうなるんだろう」と思ってしまい。

 リンクを踏んで専用サイトに飛び、あるがままの選択肢を選んでみた。

 

 で。

 20~30個ほど質問に答えると「診断結果」というページに飛んだ。

 

 「仕事がストレスのようです。上司の方に『仕事が多い』と相談してみては」

 殺すぞ。

 

 見た瞬間ストレスメーター跳ね上がったわ。

 

 なんだろねこの、「痩せたいんだけどどうしたら?」って相談したら「食べる量を減らして運動したらいいよ!」ってドヤ顔でアドバイスされたような感じ。